ヘルニアや癌を改善する最新療法|大注目の医学進歩

腰痛

最先端の治療

体の免疫細胞を取り込むことによってがん細胞を攻撃する治療法です。

smile

悪性新生物と呼ばれるがんを退治する方法としては、病院で行われる抗がん剤や放射線治療が一般的ですが、最近ではNK細胞療法という治療方法も注目されています。 がんの細胞は、私たち人間の体の免疫が落ちた時や遺伝子に傷がついた時に発生しやすい異形の細胞です。その傷がついた細胞をやっつけるのが、ナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫系に働く細胞であり、がんを細胞レベルで攻撃し、根本から改善しようというのがNK細胞療法となります。類似のものに遺伝子治療、活性化リンパ球療法といった治療法もあります。 抗がん剤のように吐き気や脱毛などの副作用に苦しむこともなく、体の自然治癒力を高める治療であるため、闘病中の体にも優しいものとなっています。

病院で抗がん剤治療を行う時と同程度の料金で治療が受けられます。

NK細胞療法はがんの最先端治療を行うクリニックなどで受けられます。抗がん剤のように、がんの細胞をやっつける期間をクールという単位で区切り、治療を行います。自由診療で医療保険の適応が無いため、費用は1クールあたり20万円程度となっていますが、抗がん剤のために入院して、諸検査や副作用の治療をする金額とほぼ同等となっており、決して高い金額設定ではありません。 NK細胞療法は体に負担の少ない治療法であるため、他の高濃度ビタミンC療法や温泉療法などと組み合わせて行っても問題がありません。サプリメントも同様です。体に良いものを何でも試したい、何とかがんを小さくしたいと考えている患者さんの味方となっています。