ヘルニアや癌を改善する最新療法|大注目の医学進歩

腰痛

早期発見が大切

早期の肺がんは良い治療率です

看護師

歴史的に自らの終焉を老いによる安らかな死であることを望んでいることは数々の司書が証明していますが、日本人はがんや心臓疾患等による病死が多い傾向が続いています。特にがんの死亡原因の中では肺がんによる死亡が最も多いのが現状です。 肺がんは様々な治療法が常に進歩し続けていて、早期治療での治癒率は年々上昇しています。しかし、早期の肺がんは自覚症状がないことが多くて血液検査等でも発見が困難な傾向にありますから定期的な検診による診断が大切です。早期の肺がん治療は手術が中心で、近年は内視鏡を利用することで患者の負担軽減が図られています。進行すると抗癌剤を使うことで肺がんを抑制して快適な生活を送れるようにして放射線治療による治療を行うことが一般的です。

喫煙はリスク要因です

肺は身体中の気管支から肺胞までの領域を指します。つまり、肺がんとはこの領域に発生した悪性腫瘍を示しているのです。発症要因は色々とありますが、最も知られている原因がタバコの喫煙です。肺がんに密接に関係があることが明らかにされている喫煙ですが、直接喫煙していない受動喫煙でも発症リスクが高まります。また、日本で近年社会問題となっているアスベストやクロム等の化学物質もリスク要因と考えられています。 肺がんは人体内の多くの臓器に発症するがんの中でも早期発見が難しいため生存率が低い傾向にありますが、早期発見ならば近年の医療技術で完治が可能です。その他の特徴として血液を循環するために重要な臓器なので他臓器への転移が起こり易い傾向にあります。